FC2ブログ
Top Page › 特撮・アニメ・マンガ › Wの風が吹く。 18回目 霧彦さんよ 永遠に。

2010 · 01 · 18 (Mon) 04:17

Wの風が吹く。 18回目 霧彦さんよ 永遠に。

  ハロ推しメン企画はひとまず小休止です。苦笑

  んせ、今回のが予想通りヤバな展開でしたから。
  ダブル
 流石のナスカの超高速移動でも、ファングの野生の力の前には真価を発揮できず。
  ダブル
 覚醒の負荷のため、追い詰められたナスカでしたが、同じ「風都」を愛する心を持つ霧彦を知る翔太郎は彼を見逃します。
  ダブル
 奇妙な友情?が芽生えた翔太郎と霧彦でしたが、霧彦は園咲家の地下にある組織の中枢部「ミュージアム」で琉兵衛の真意を知り、ついに刃を向けます。
  ダブル
 しかし、既に自分もナスカのメモリの実験台として、限界をむかえようとしてしている事実を知らされます。
  ダブル
 必死に脱出を図る霧彦を救ったのは、なんと若菜お嬢様。最初は相容れない2人でしたが、翔太郎とフィリップくんとそれぞれが出会ったことで、「心」の何かが変わったようです。
  ダブル
 その頃。暴走した茜ちゃん(バード・ドーパント)を気遣い手が出せない翔太郎くんたち。
  ダブル
  そこにまさかの助っ人、ナスカが登場。GOOD
  ダブル
  ダブル
 霧彦のサポートで、バードのメモリを的確に破壊することに成功。茜も無事に正気に戻りました。

  ダブル
 多分、Wを助けたのではなく、自分のポリシー。・・誇りかな?を守れた満足気な笑顔に見えました。
  ダブル
  決して弱音を吐かない男の後姿なのかな・・。
  ダブル
 ハードボイルドのお株を奪われた感もありますが、翔太郎くんとしては、風都を託された想いカナ。


  して、今回のとても大人なシーン。
  ダブル
  最期の時を目の前にして、霧彦さんが求めたものは「愛」でした。
  ダブル
  ・・・でも、こうなることは悟ってたと思います。
  ダブル
 それでも、この選択肢を選んだ霧彦さん。これが哀しくも愛しいひと。冴子さんに対する最期の愛情表現だったんでしょうか?

 筆者は最初の頃。霧彦さんってもっと野心家のイメージがあって、「終盤間際にこの人裏切るんだろうな?」と漠然的に考えてたんですが、まさかこのような幕引きになるとは意外でした。

 でも。 誇り高く、ロマンチストで理想家でいて合理主義の貴方のキャラは魅力的でした。今回のラストは、貴方らしくないスタイルかも知れませんが、若い世代を守ったこだわりは素敵です。(ハセキョーとのドラマ頑張ってください。笑)



  そして・・・。
  ダブル
  ダブル
  ダブル
  次回は遂に第2?のライダーが登場。

 カブトムシはこいつのガジェット?だったんだ。ファングと一緒に居たところを見ると、Wのシステムとも関連有?「ビキンズナイト」で感じた謎も解き明かされるのも近いかな?
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント