FC2ブログ
Top Page › ガンダム › GUNDAM OP&ED COLLECTION 20th Century 

2009 · 10 · 18 (Sun) 05:39

GUNDAM OP&ED COLLECTION 20th Century 

 以前に取り上げたガンダムシリーズのOP&EDをまとめたDVDをやっと購入しました。今回は企画の布石?を兼てご紹介したいと思います。さとと-汗

まずはブルーパッケージの20thセンチュリーヴァージョンより。 

  ガンダム
                         Zガンダム 水の星へ愛をこめて 歌:森口博子

 ときたくさんの青春のバイブル?Zから。 主役機の交代とかけて初の2曲体制を導入。1st はアニメらしい歌詞でしたが、「リアルロボット路線」という新しいジャンルを形成すると、主題歌の方にもライトポップ調な痛快なリズム。作品テーマを歌詞に盛り込むこようになりました。
  ガンダム
                         ZZガンダム サイレント・ヴォイス 歌:ひろえ純

 更にはZ、ZZになるとキャラの登場の仕方も本編を想像できるような描写も使われ始めましたね。ホントPVの先駆けのような気がします。(前後してマイケル・ジャクソンの凄いやつが出ましたが。)
 余談になりますが、劇場版Zが公開された時に本気で「水の星へ愛をこめて」をなっち(安倍なつみ)に唄ってほしいと思いました。汗;
  ガンダム
                      Vガンダム もう一度TENDERNESS 歌:KIX・S    

 Z、ZZの流れを受けてOVAの二作品。0080や0083で加速し。ポップ系な音楽路線からロック調に傾倒? VガンダムではEDにもロックチューンなナンバー「もう一度TENDERNESS」が。アニメ関係なく当時KIX・Sを聴いていた筆者としては、EDながらVの曲の中で一番好きです。
 その後、旧来のファンを敵に?回してガンダムサーガの既成概念を破壊としたGガンダムが登場。さとと-汗 しかし音楽自体はオーソドックスなまとまりで、なんだって感じでした。BGMは盛り上がりますがね。笑


 そして遂にガンダムミュージックの発展期となるこの作品が登場。
  ガンダム
  ガンダム
  ガンダム
  ガンダム
  ガンダム
                 ガンダムW JUST COMMUNICATION 歌:TWO MIX  

 番組とほぼ同時?デビューとなったTWO MIXがブレイク。本編のガンダム界のSMAPと謳われた?!主人公たちの活躍も相まって、新たなファン層を開拓した意義も大きな作品になりました。
 小室サウンドを意識したと思われる音楽もさることながら、Wの場合。完全に主人公5人のPVといってもいい作り方で、OPが成り立ってしまっているのがすごいです。(ちなみにTWO MIXのVoは、あの江戸川コナンくんです。)笑

  ガンダム
  ガンダム
  ガンダム
                   ガンダムW RHYTHM EMOTION 歌:TWO MIX 

 OP/EDで好きなシーンってありますか?筆者はこの2人のシーンが大好きです。2人の距離感や所作(動き)が、ヒイロとリリーナの信頼関係(愛情)を表してくれてる演出が上手いなぁと。・・恋愛こんなのが理想だな。笑


  OP&ED COLLECTION 20th Century version のラストを飾るのは・・。   
  ガンダム
                       ガンダムX Resolution 歌:ROMANTIC MODE

 ターンエーまで行くのが通?と思いますが、筆者としては20世紀ガンダム音楽のとりは、やっぱりXです。ROMANTIC MODE の歌う2曲は当時、ガンダム主題歌としては一個の完成形だと思います。Voの麻倉晶さんの歌声がとっても伸びやかで透きとおっていて、歌詞の持つ意味合いが染みてきました。機会があれば是非一聴を。




  NEXT TIME     GUNDAMU OP&ED COLLECTION 21th Century
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント