FC2ブログ
Top Page › 特撮・アニメ・マンガ › 平成最後の劇場版としてOKでは?

2018 · 12 · 24 (Mon) 11:26

平成最後の劇場版としてOKでは?

おはようございます!

昨日、リアルタイムでジオウを見てたら、釣り度満点なCMが流れました。


はい。ついにあの人がオリキャスとして登場という前振りを思いっきりされたので気になったので、正月明けにと考えていた鑑賞予定を急遽、前倒しにして実行。混んではいましたが、そこはカード持ちの特権使ってイオンシネマにeリザで取ったプレミアムシート(ゆったりしたスペースの席)で鑑賞してきました。

大きな?ネタバレしない程度に感想書けば、平成最後の劇場版としてはファンとしては必ず見てほしいかな。ストーリーももっと膨らませる要素がありますが、限られた時間内。切れるところはきっての組み立て展開は見やすかったです。
欲を言えばほとんどの劇場版に通じるところですが、ラストの戦闘のあらましは相変わらず?雑。 まあ「お祭り」作品なんで良いんですけどね。

しかしなんといってもある意味ファン(女子は特に)には最大のXmasプレゼントともいえるシーンが中盤ラストに控えておりました。そう期待通りグッドなタイミングであの人が出てくるので「クライマックス」に突入していきます。
ここでのシーン締めの ここでのモモちゃんの肩越しのセリフにもついつい「泣ける!」って感じです。

ツッコみどころは総評ということで追記をご覧ください。(ストーリーの少々のネタバレ?)



以上な感じで見所は一杯な正に平成ラストの劇場版ですが、個人的にツッコみたいところはやっぱり設定部分。
今回の設定が成り立ったのも「電王」という作品が在りき。
そしてライダー消滅の危機を回避する方法はほとんど「ディケイド」の劇場版で使った「個人の記憶に残る」手である。
確かに感動的な王道でもあるものだが、

反面。

「作り手側には新たなもので挑戦してほしい。」という1ファンとしての個人的な想いを強く抱いております。



平成という時代が終わる(意味をすり替えて敢えて破壊)ことで新たな物語が紡がれるのを楽しみにしています。
スポンサーサイト



最終更新日 : 2018-12-24

Comments







非公開コメント