FC2ブログ














想定内外様々模様。その2

こんにちは。

昨日の話題は簡単に拾えた情報範囲で書いてしまったのですが、YouTubeではどギツイ見出しなソースもあったので、もうちょっと情報を追ってみました。
なあちゃんの話は一応2年前の出来事だとか。2年もかけてた割に決定的な瞬間を捉えられず、このタイミングで西野本人に突撃取材した文春にお粗末感感じますがー。
流れを見てふと思ったのは、普通の芸能事務所なら上手く処理できたのではってことですかね。運営がレコード会社主体って所も所属タレントの動向をサポ出来てないもかなーって。これは特に志田の件の方が顕著に表れてると思います。

今回はよりにもよってスタメン、エースでもある西野だけに今までのように「無視」で流すわけにはいかないというか、これ放っておいたら「乃木坂」ブランドイメージの急落は必至かと。ただ「生駒卒業」という現象もあり、今年からグループとして変革期とも言われる1期生スタメンの「大量卒業」という噂、雰囲気がそこはかとなく漂うだけに、運営としては「動き易い」といううがった見方も乃木坂にはしてます。

姉さんたちは2期生、3期生の人材揃っているので余裕があるかと思われますが、深刻かもしれないのは漢字欅の方でしょうか。志田の件は経緯を見てるとマズイですね。(プリクラ画像全部見ました。あーアウトかな。)
もっとも志田本人は戻る気ないかなって気がしてます。やっぱりあの持ち味というか個性はアイドル的なプロにはなりきれないか。(苦笑)

そこがべりさとは違ったってとこだなって思ってます。

絶対エース平手の不在は他のメンバー急成長の特効薬に今はなっていますが、反面復帰を待望する多くのファンたちをどう納得させていくのか。運営と秋元Pの腕の見せ所ですか。取り敢えず秋元Pが飽きてほん投げないことを祈ってます。

でも欅って色々と言われてしまうけど、まだデビューして3年目。もう少し長い目で見守ってあげるのもいい気がしてますがね。




スポンサーサイト
[ 2018/05/22 10:21 ] エンタメ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxg01d2.blog33.fc2.com/tb.php/3596-7331b39d