FC2ブログ














ゲームから眺めてみた。

 おばんです!

 さて今宵は筆者のスマフォにインストされてるアプリゲームのご紹介。

 タイトル (インストした順番が古いものから)          

 ハロプロタップライブ
 信長の野望201X 
 Sガンダムロワイヤル
 Forge of Glory
 乃木恋
 GジェネレーションRE
 三国志曹操伝online
 仮面ライダーシティウォーズ 
 欅のキセキ                  
 乃木フェス                    
                                     
 とにかくちょっとした時間に息抜きで遊ぶ程度。課金は初期投資(ゲームソフトを買った気での額)以外は基本やらないスタイル。

 ここでは度々話題にしたアイドル系のアプリについてちょっとした解説と感想、おススメポイントなどを書いてみます。        

              
 『ハロプロタップライブ』 (筆者の現在評価:D)
 

 ハロプロ公式の音ゲー。基本従来の音ゲーのスタイルで新しい楽曲の提供が早いのが良いところだが、実際良いところはそこだけかな。個人的にチュートだけのストーリーパートに失望。初期から大半を占めるメンバーカードも版権の問題かイラスト画がメインでテンション下げる結果。
 公式とはいえ、今年の春くらいからFCサイトにあったバーナーも消えてるので、今以上のテコ入れはないと考える。商売としてはメンバーのヴィジュアルカードを増やして課金させたいのだろうが、それも宣材写真のみなので魅力は薄い。何よりイベントはただ楽曲をこなして点数稼ぐのみ、演出もない有様をどうにかしてほしい。             
                  
              
 『乃木恋』  (筆者の現在評価:A)
 

 前述した「タップライブ」に飽きて筆者が手を出したのがこの「乃木恋」そしてこれがきっかけのひとつになって坂道さん家にお邪魔するようになりました。
 内容はまー貼ったCM通やスカッとジャパンのキュンスカ見た時のような、やってるとマジで恥ずかしくなるような昔の学園恋愛アドベンチャー的なゲームがメインなので軽い気持ちで遊ぶ姿勢をおススメします。それだけならすぐにお腹一杯で吐きそうになると思いますが、イベントなどでは適度な笑いを誘うネタだったり、その都度用意されるミニストーリーといった営業努力は「タップライブ」に大いに見習ってほしいです。レア以上のカードもメンバー撮り下ろしなカットも豊富なので、たまには課金ガッチャやるかどうか悩んでしまう機会もありますね。                


 『乃木坂フェス』 (筆者の現在評価:B)
 
 リリース順は一番新しいが乃木坂続きで先にご紹介。このゲームなんといってもゲーム中に流れるLIVE映像が綺麗。これを見るだけでもファンには即ダウンロードをおススメしたい。効果は微妙だが音パットのタッチ調整が出来るのも良い。
 ただ乃木坂上り坂人気を背景にした節がある現状の「渋い」課金ガッチャはなるべくしない方を個人的に勧める。(サービスのダイヤ配給も雀の涙程度)
 10連でSR一枚確定だが、大当たりの福神メンバー中心のソロフォーカスされたライブ映像が見れるSSRカードは、ちょっとやちょっとの課金ではほぼお目にかかれないと思える確立。一枚に一曲も決まってるのでそこに大金をかけるのは個人的にないです。とはいえ、カードのレベルを上げるエサカードも課金・無課金両ガッチャしないと手に入らないシステムなのでカードのレベルは上がりづらい仕様なのでお気を付けください。
 ちなみに筆者は10連は3回引いたが確定の3枚SRに+1枚。貯めたバラで引いた単発で梅ちゃんのSSRが出たのはラッキーでした。っていうか引いたSR以上は3期メンが多いな。
 
 
 『欅のキセキ』 (筆者の現在評価:S)
 

 音ゲーが苦手な筆者にとって欅のパズルは望むところ。しかも意外にパズルの難度も高いのでナメてかかるとノーコンティ、Sランク評価のクリアーはおぼつかないですね。
 単体のパズルとして確立してる一方で欅坂ゲームとしての面では既定のステージをクリアーすることで、今までの欅坂の歩みを知れるストーリーパートが展開されるので、筆者のような新規な人にも自然と欅坂のことをレクチャーしてくれます。実際、よねさん(米谷)と ねる(長濱)の当初の確執・わだかまりのエピソードを知って今があるのに感動してる。
 それと乃木フェスと違って結構な数のダイヤの配布もあるのでサービスはかなり上かもという印象を持ってる。特に初期投資での課金を考えてるなら特典の多いゴールド、シルバー会員(一ヶ月レベルでの課金要素)になってしまってレベルアップのスピードアップ、アイテム入手を受ける方が現状「お得感」が感じられると思います。


 以上が筆者が最近こなしてるアイドル系のアプリゲームのご紹介でした。

 あらためて、ハロプロ系にはいっそうの奮起を期待したいところ・・・っていうか不甲斐なさを感じてしまいます。昔あった「数女」のゲームが良いとも言いませんが、あれにはヲタを熱つくさせる要素があっただけにそのあたりは見直してほしい。事務所もネットで先駆けてたというなら、まともなアプリとかもう少しリリースしてくれてもいいんじゃない?




スポンサーサイト
[ 2017/12/03 01:41 ] Hobby ゲーム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xxxg01d2.blog33.fc2.com/tb.php/3561-4eeb5fe5