FC2ブログ
Top Page › 特撮・アニメ・マンガ › 栄光の特車二課

2015 · 05 · 10 (Sun) 02:27

栄光の特車二課

 おばんです! 一昨日は急に仕事が早めにきりあがったので、半ドン休み取ってパトレイパーの劇場版を観て参りました。

 えーとネタバレも含めて久々に斬ります。



 今までの期間限定上映の単発シリーズ版を何個か観た方は知ってると思いますが、今回の実写版は原作(TV版、劇場版)のその後のお話ということになってますが、キャラのエピソードの差異はあれ、過去作品を観た方には完全に「焼き直し」な内容です。 平成生まれの若い世代にはすんなり?見れるとは思います。
 
 

 今回の締めの劇場版ということですが、予想通り筆者の観たかったレイパーのシーンは案の定、終盤の数分だけ。良くも悪くも押井作品らしい?人間ドラマ中心の展開でした。それでも中盤の初代(マンガ、アニメ)の二課には皆無と言っていいほどだった(太田さんの発砲は別として)生身のガンアクションシーンは押井監督の真骨頂?が観れます。

 個人的にこの手のエピソードは今回のベースとなった劇場版2よりも初期OVAの「二課の一番長い日」の方が傑作だと思うので、そっちでやってほしかった。(柘植よりも甲斐さんの方が好きや)ただ良かったのは後姿メインの実写版の南雲さんの声を榊原さんが演じてくれたのは嬉しかったですね。(後藤さんも実体が見たかった。)
 
 ハロヲタには真野ちゃんの出番は少なめなので、フラストレーションは溜まるかも?

 灰原役の森カンナちゃんも正体不明な味わいが良かったですが、なんといっても今回のメインは後藤田(筧 利夫)さんと公安外事三課・高畑(高島 礼子)のおふたり。単発からの共演でしたが、今回はキャラ的にも集大成な関わりで事件に挑んでくれます。 船で川を上りながら語り合うシーン(劇場版1をオマージュ)は好きなシーンです。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2015-05-10

Comments







非公開コメント