FC2ブログ

記事一覧

スタッフ力? 戦略眼の違い? わかれば世話ないか。www

 当ブログへマメにお越しくださってる方(ありがたいことに)は気付いておいでだと思うがー。この1カ月くらい筆者はソーシャルゲームにハマッている。
 アナグロなボードゲーム(ウォーゲームなど)出身でPCゲームに流れてきた筆者としては、今までこのジャンルのゲームには興味が一切湧かなかったのだが、モベキマスメンバーほぼ総出演となる学園バライティー?「数学女子学園」が始まるとなっては。ファンの端くれとしては手を出さないわけには参りません。

 見事にちょっとした空いた時間があれば、スマフォを取り出しては始めるという定石パターンになってしまいました。それでも、さすがに1カ月もチョコチョコあちらこちらをのぞいていれば、ようやく距離感をおけるようにはなってきました。 
 奇しくも、モバゲーでも「ベリーズ仮面」のゲームも開始。ようやくハロプロもこのジャンルに注目しだした?みたいな雰囲気です。 それで実際筆者も暇なことに?試してみました。

 そんな訳で、もしもこれからこっちに手を出そうとしてる方の参考材料になればと、つたない感想など書いておきたいと思います。

  まずは「数学女子学園」(GREE) 
  6期
 題材的にも、ゲームらしい魅力もプラスアルファされると期待していたのですが、今のところ評価はいまひとつ。 シナリオ、演出ともにファンの心を刺激するものがまだまだ少ない上、イベントにも課金アイテムの数が関わってくるという、さすがアップフロントらしい商法がここでも健在。 全体的にゲームとしては40~50%のデキかと。他のゲーム同様にイベント中心の内容などが見直されればと思ってます。
                  ときたく さん  個人的オススメ度・・・★★☆☆☆


  お次は「ベリーズ仮面」(モバゲー)
  ベリーズ工房
 はじまりは1回目のベリキュー合同紺(だったよね)での企画モノが、今やベリーズ工房の代表的なキャラに進化。TBSのバックアップもあり、文字通り戦隊モノを意識したパロディ作品として確立した「ベリーズ仮面」がついにカードバトルゲームで始動。
 今回のゲーム中ではシナリオなどのBOSSキャラに宿敵「ブラックビッグハット」の怪人たちも出演するなど、各所に本編の世界観を取り入れた演出は良い。・・ただ。メインは参加者同士のカードバトルなので、そのシナリオを楽しむよりもバトル作業に追われる可能性あり。(その作業がわずらわしくて、数時間でやめました。www)

              ときたく さん  個人的オススメ度・・・★★★☆☆


  ちなみに「AKBのステージファイター」も、とりあえず無課金主義でやってます。
  
 これがね。なんというか流石に良くできてます。 適度なゲームバランスといい、初心者でも食いつきのいい演出にマンガのようなイベントと。参加者の間口が広い気がしました。だって普通に楽しいゲームだったから。こんなところにも今のAKB一派の躍進がわかる要因が見えますわ。 (ベリ仮はかなりコレを参考にしたような作りな気がします。)

  渡辺麻友 
 え。1推しメンですか?・・・たかみなと云いたいところですが、鈴木愛理との共演効果や、思ってたよりも落ち着いた?キャラだったんで、渡辺麻友です。

               ときたく さん  個人的オススメ度・・・★★★★★

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

pickup

プロフィール

ときたく

Author:ときたく
プチ介護家庭を支えつつも趣味?に生き続ける20世紀少年。www

当ブログについて

え~。当サイトは微力ながら、
元モーニング娘。6期メンバー。
『道重さゆみ』さん
ハロー!プロジェクトや坂道グループの応援も
目的としております。
   

つきましては
当ブログに掲載されている画像等の肖像権・著作権は、本人・所属事務所・レコード会社・出版社等に帰属します。
当ブログは非営利で運営しており、画像等の使用も応援目的によるものですので、 関係者の方々には何卒ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。
何か問題がございましたら早急に対処いたしますので、管理人までご連絡をいただければ幸いです。
尚、当ブログで使用している画像等の無断使用・二次使用を禁じます。

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード