FC2ブログ
Top Page › ハロプロ › 卒業組 › 人間・久住小春が(おおよそ)わかる本。

2011 · 04 · 10 (Sun) 11:22

人間・久住小春が(おおよそ)わかる本。

 4人目ー。モーニング娘。出身者の本を読むのはかなり久しぶりで。しかも、コハ(久住小春)の書いた本を読むとは想像もしてなかった。
  卒業組
 前記事でもちょこっと書きましたが、ぶっちゃけ筆者はさゆ同様に小春が苦手でした。 
 
 別にさゆが拒絶?してたからって訳じゃなくて、ソロ活動が始まった辺りから、なんとなく「この子とはあわんな~。」というフィーリングの不一致感。嫌いとか好きとかの問題じゃないもので、自然と距離感をあける感じになりました。

 しかし、この本を読んで大分、久住小春という元アイドル(←あえて今はこう書きたくなる内容。)へ対する偏見とかがなくなりました。

 本人も本のまえがきに書いてますが、小春が普段使ってる言葉で綴られてる分、文章としては読みづらい箇所もありますが、彼女の気持ちがダイレクトに伝わって良いです。
 特にデビューから娘。時代の体調不良のエピソードは、鮮烈過ぎるほどに当時のコハの辛さが伝わりました。そんな裏での出来事がありながらも、常に人前で「笑顔」を止めなかったコハの凄さと、そんな彼女を支え続けるコハ姉の愛情に感動します。

  小春
 『食』 に関しても、半端ない知識量を持つ小春。是非とも次なる夢を形にしていってほしいです。

 

 ・・・と、全面的にコハを見直した筆者ですが、相変わらず苦手なタイプだというのは変わらないかも。
 (でもソロ曲「バラライカ」はお気に入り。)

 
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント