FC2ブログ
Top Page › エンタメ企画ネタ › 2010 いっぱい観た聴いたハロー!ソング

2010 · 12 · 31 (Fri) 15:08

2010 いっぱい観た聴いたハロー!ソング

 いよいよ、2010年もラスト1。皆さんはどんな年でしたか?

 ・・・筆者は今年も家や仕事に追われる一年でした。
 
 息がつまったりとかした時は、ハロプロの曲やパフォーマンスに癒されたのは数知れずー。

 というわけで、今年も恒例の勝手にランキング企画第一弾。2010ハロプロソング観た聴いたランキングをおおくりします。
 
 第10位 女と男のララバイゲーム(モーニング娘。)
 モーニング娘。
 44枚目となる娘。の最新曲。独特のメロディラインが特徴で耳に残る楽曲。亀井、ジュンジュン、リンリンの参加するシングルラストナンバー。 

 第9位 キャンパスライフ~生まれて来てよかった~(℃-ute)
 キュート
 明るくてポップな可愛らしい℃-uteらしい楽曲。筆者この手の曲はあまり聴かないキャラなんですが、不思議と℃-uteの曲は何回も聴いてしまいますね。

 第8位 シャイングパワー(Berryz工房)
 ベリーズ工房
 TVアニメ「イナズマイレブン」のED曲。最初は「お弁当の歌。」とか雅に形容されたように、お子ちゃま向けな印象でなめてましたが、思わず自然に口ずさんでしまう。子供の頃とか懐かしさを刺激してくれる良作。

 第7位 Danceでバコーン!(℃-ute)
 キュート
 理屈抜きでライブにピッタリ。℃-uteのパワー炸裂のノンストップソング。 ファミリー席でも、ついついノリノリになってしまいました。

 第6位 本気(マジ)ボンバー!(Berryz工房)
 ベリーズ工房
 これまた「イナズマイレブン」関連の曲ですが、その中でもロック色が強くヴィジュアル的にも珍しく?かっこよさ路線のベリーは大好きですね。


 第5位 SHOCK!(℃-ute)
 キュート
 梅さん卒業後。現5人体制となった 新生℃-uteの一曲目は、鈴木愛理をワントップのヴォーカルで、4人をダンサー&コーラスという思い切った布陣。アップテンポなリズムに、パワフルなダンスシーンにのせて、前向きな恋愛感な歌詞。かっこええ一曲です。

 第4位 大きい瞳(モーニング娘。6期メンバー)
 モーニング娘。
 シングル曲ではありませんが、なんだったらシングルカットしてほしい。発表当時から『最強の6期』といえばこの曲というくらい。それが数ヶ月で、まさかの絵里卒業で更に筆者の胸に深く印象付けられた思い出の曲になりました。
 歌詞は可愛らしく、恋愛モード全開という。筆者には苦手な部類な曲と思われがち?でも亀井・道重・田中の三者三様のヴォーカルは絶妙。さすが同期のシンクロ率。気持ち的にはしばらくは封印してほしいカナ。

 第3位 夢見る15歳(スマイレージ)
 スマイレージ
 最優秀新人賞。その受賞曲がメジャーデビュー曲のコチラ。さすがに一般的な方々に受け入れ易いのを目指したのか、歌詞・曲調・ダンスの三拍子全てメジャー向け用に「華」がある1曲にー。個人的にその後の「がんばら~」や「同じ時給で~」は少々マニア向けの要素が強くてお腹一杯です。つんく♂P

 第2位 会いたいロンリークリスマス(℃-ute)  
 キュート
 来ました!ときたくさんが選ぶ本年度一推しのハロー!曲。今月発売ながらも各音源・映像ともに再生回数が急上昇。多分、11月からのスマフォのパケ代の半分はロンクリの再生で費やしてますね。
 曲については、そっちにいっぱい書いたので割愛しますが、℃-uteの曲で好きな曲№1の「都会っ子 純情」に迫る勢い。ましてやクリスマスソングとしても定番の1曲になりました。・・・あ、またMV観たくなってきた。

 そして
 
 第1位 女が目立って なぜイケナイ(モーニング娘。)
 モーニング娘。
 考えてみれば、今年の競馬界の女傑が大活躍する暗示を示めすような、娘。らしい女性主役(主導)の一曲でした。唄い方も王道でしたし、なんか明るく楽しく女性が「どうだー!」みたいなカンジな印象に、娘。たちのモデルウォークで颯爽と歩き出すMVがピッタンコ。多分、ハロ紺とかで今のベリーや℃-uteが唄っても、これ程の「どうだー!」感はかもしだせないと思うわ。




 以上が2010の筆者が「観た聴いたハロー!ソング」ランキング10でした。

 振り返ってみると、やっぱり娘。の強さが目立つ中、℃-uteの躍進が来てますね。ベリーズはアルバムのソロ曲など粒揃いながら、肝心のシングルが固定アニメとのタイアップ曲で、本来のベリーズらしさが薄くなってるのが残念です。来年は結成7年目。ユニットとしても、もっと一般的にアピール力の高い楽曲をシングルにしてほしい。(アニメ系を唄わせるなら、あれば新作のガンダムとかの方が遥かに話題になるし。)

 もっとも楽曲に関しては、少なくともAKBやK-POPと勝負する気があるなら、全てのユニットにCD売るための総合戦略の必要性を大分前から感じますけどね。



 さて「勝手にランキング」はまだまだネタはありますが、今年中にアップできるかは

 なんで、お正月に持越しかも

 気になってたさゆの熱も下がったようで一安心したところで、

 皆さん。一年間ありがとうございました。また来年もよろしければのぞきに来て下さいね。

 良いお年を~。(一応ね。) 
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント