FC2ブログ
Top Page › 特撮・アニメ・マンガ › Wの風が吹く。番外編。 3D版で観て来たっす

2010 · 08 · 26 (Thu) 02:40

Wの風が吹く。番外編。 3D版で観て来たっす

  本編の更新を挿し終えて劇場版の話をー。

 早目に仕事をきりあげて、ようやく観てまいりました。上映最終回ともあってお子さんは少なかったけど、意外?にも女性ファンの数が多くてビックリ。これも管田&桐山くん効果でしょうか。

  ダブル
  結論からいえば、筆者は近年のライダー作品の中でも正統的な傑作だと思います。

 平成になってのシリーズはヒットするとはいえ、劇場版ライダーのお話って時間内に収めるため、必ず本筋の必然性が希薄になるのが多かったんですが、今回はちゃんとポイントをしっかりとしつつも、各キャラの存在感やエピソードなどを小気味良くスパイスされまとまっています。

 特に2人の主人公。今回は表(陽)の主人公フィリップ(管田)くんの心の動きに絡んでストーリーも展開していく自然さは今までになく上手い上。更に裏(陰)のポジションの翔太郎(桐山)くんが映える効果もあって本当に良い。
 ゲスト出演された杉本彩さんや松岡充さんもテーマに深く関わった演出・芝居をしていて、単なる顔見せでない存在感を魅せてくれます。・・あと須藤元気さんもあの怪演ぶりには思わず拍手。

 話題の3Dについて。

 昔の3Dを知ってる筆者はあんまり3Dに良い印象がありません。赤青の安っぽい紙製のメガネをかけさせられた割に効果があいまい。あまつさえ赤青のセロハン?がそれぞれの色を主張するから、気持ち悪くなった記憶があります。
 しかしイマドキの3Dは自然なんですね。昔抱いた違和感はなかった。・・ただシーンによっては自然すぎて、某液晶テレビCMのようにのけぞるような事はありませんでした。星の本棚やメモリが舞うシーンは確かに綺麗でした。
 
 久々にオタ?全開でもっと細かく書きたいところ・・。アクションも力入ってるし、Wが凄まじくメモリチェンジをするとか。ストーリーの伏線がちゃんと生かされてるとか。でも上映中につき控えます。

 
 それにしても、この完成度。 去年のディケイドにあればなー。  
スポンサーサイト



最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
仮面ライダーw Wiki
岐阜県の新築分譲の自由設計なら伊田屋です!:仮面ライダー! 昨日は、一日お休みを頂きまして家族で買い物へいきました。 最近、息子が「仮面ライダーW」に執着しております。 私たちの時代から「仮面ライダー」は続いているからこの話題には、結構ついていけるのですが?... …
2010/08/26 11:43 最新!最旬!ニュース速報